串刺し計画 ホーム > 串刺し施工管理で収益力強化 > あなたの会社の収益性判断

あなたの会社の収益性判断

営業マンのマネジメントはできていても、
現場監督の管理はできていますか?

  • 発注忘れが多く、業者からの不満や工程の遅れが多い。
  • 部下・メンバーの業務進捗が見えず、一個一個の確認を口頭でしなければならない。
    また遅れが生じていることを報告が無い限り知りえない。
  • 現場が重なると、何を優先的にやればいいのか整理できず、実は期限の迫っていたことがなされない。
  • 現場での変更点が社内で共有されておらず、お施主様に社内の伝達不足を指摘される。(不安にさせてしまった)
  • 現場から催促されて、緊急な段取りに追われ、電話ばかりしている。
  • 行動計画が立てられず、場当たり的に毎日現場に行っている。
  • 現場毎にToDoリストを作成するのに時間が掛かる
  • 業務内容を担当者以外が把握できていないため、担当者が休むと工事が止まる
  • 経験の少ないメンバーを一人で行動させるのに、事細かに指示しなければならないため、なかなか一人立ちさせられない
  • 業務進捗と写真管理を別で行っている為に、チェックがしっかり機能しない
  • チェックリストやフローが複数存在し、機能していない?

社員(監督)の能力の差で現場に差が出ていませんか?
間接人員のパフォーマンスが上がれば収益力が高まります。

  • 前へ
  • 次へ

ページの先頭へ