串刺し計画 ホーム > 串刺し施工管理で収益力強化

串刺し施工管理で収益力強化

「売上」をあげることと「利益」を残すことは、似て非なるものです。

集客・営業も大切ですが、現場の品質を上げ(クレーム0)管理能力を向上させ(完工高の向上)ミスを低下させる(粗利低下0)ことが可能になると収益力が高まります。

  • 現場の品質を上げる

    現場の品質を上げ、手戻りや質を上げることでこれまで発生していた「コスト」や「時間」の発生を抑えます。これらの細かい積み上げが全体としての収益向上につなり、かつお客様の信頼度にもつながります。

  • 管理能力を向上させる

    複数の現場を受け持つ現場監督。必要な情報が必要なタイミングで集まることで、スピーディーな現場管理につながり、会社全体として管理能力の向上につながります。

  • ミスを低下させる

    担当者任せのタスク管理ではなく、会社がちょっと手助けをすることで担当者の「うっかり」「忘れてた」を防ぎます。担当者の細かなミスの低下が会社全体の収益につながります。

監督に任せっきりになっている現場を「マネジメント」し、現場での出来事を「社内で共有」することができると、無駄がなくなり、同じ売上でも利益(利益率)が上がります。

  • 次へ

ページの先頭へ